【格安だけど快適】高速バスの旅!高速バスの選び方のコツ教えます。

スポンサーリンク
旅行

こんばんは。もちねこ(@mochitto_graphy)です。

秋の行楽シーズンに向けて旅行を計画している人も多いと思うんですが、

今回は是非、移動に高速バスを候補に入れてみませんか?

ぼくのかんがえたさいきょうの1泊旅行の方法があるんだ

それは、行き→高速バス 帰り→新幹線、にすること!!

行きが高速バスだと、

✅交通費をグッと抑えられる!(例:東京→京都 新幹線のぞみ指定席:13,910円 高速バス:約8,000円)
✅朝から1日たっぷり時間を使うことができる
✅混雑の予想される人気スポットにも朝イチで行きやすい
✅早朝は人が少ないので、写真が撮り放題w

でもさ、高速バスとかマジしんどいやん

って思ったそこのあなた!

しんどくない(なりづらい)バスもあるんですよ!!

今日は、貧乏役者時代から高速バスを活用しまくっているもちねこが、

高速バスの選び方のコツについてお話します!

\バス会社比較して、最安値で予約できるよ/

スポンサーリンク

バスの選び方のコツ①:3列独立シートを選べ

高速バスの予約サイトを見ると、

大体めちゃくちゃ安いのは4列。ですが、

私がお勧めするのは、断然

3列独立シートです!!!!

なぜなら

・足元が広い
・隣の人に気を遣わなくていい
・隣の人のいびきなどの音が気にならない
・他の人の携帯の明かりなどが気になりづらい

などなど、

快適さがマジで全然違うから。

どんだけ違うか、4列シートと比べてみましょう。4列はこんな感じね。


出典:BUS Bookmark.JP

かーなーり、ぎゅうぎゅうです。

女性は足元なんとか伸ばせるけど、

男性なら膝ぶつけるかもくらいの狭さ・・・

隣の人にも気を遣うし、

乗っている人が多いからその分、いろんな音も聞こえます。

いびきの大合唱なんてこともあったなぁ(遠い目)

対して、3列独立シートの場合は、こんな感じ。


出典:BUS Bookmark.JP

広い。

横列だけでなく、縦列にも余裕をもったシート配置なので、

女性はもちろん足をのびのび伸ばせますし、

オット(174cm)でも足は伸ばせたと言っていました。

この広さがあるから、高速バスの最大のデメリットである「眠れない」を少しでも解消できます。

隣の人に気を遣わなくていいから、休憩の時にトイレに立つ時もめっちゃ気が楽。

楽なのは正義だよねえ。

高速バスを予約してみる

バスの選び方のコツ②:トイレ付きのバスを選べ

3列シートなのは大前提だね。

で、大体これは3列シートにはついてくるんだけど、

トイレがついてるバスを選ぼう。

基本的に、高速バスってサービスエリアで何回かトイレ休憩を挟むんですよ。

私はその時に毎度起きてトイレ行ったり、おやつや飲み物を買ったりするんですけど、

爆睡しててトイレに行きそびれたりとか、

生理中でこまめにトイレに行っておきたいとか、

っていう時にバスにトイレがついていれば安心できますよね。

ちなみに長時間着用OKな月経カップは旅にも良いぞ◎

1回トイレミスすると次のトイレまで数時間ってこともザラだからね。

こういう小さなストレスをなくしていくのが、快適な旅のコツだと思ってる。

バスの選び方のコツ③:「カーテン付き」のバスを選べ

バスによっては、通路に面したところにカーテンが引いてあります!

これめっちゃ良くて、

・隣の人の携帯の明かりが気にならない
・アホな顔して爆睡しても見られない
・雑音が聞こえにくい

最高やんけ

バスを予約するときに表示に「カーテン付き」って表記されているバスを選びましょう!

カーテンある/なしで、また快適さが段違いなんだよねえ。まじで。

到着したら、すぐ帰りの切符を買おう

高速バスの到着場所は大体、駅のそば。

早朝バスが到着して、駅が開いていれば、

すぐ帰りの新幹線のチケットを買ってしまいましょう!

今は券売機ですぐ切符が買えるし、座席の指定もできますよ。

ここまで済ませたら、一安心。

帰りはゆったり新幹線でビール🍺飲みながら帰れますよ!

まとめ

体力の有り余ってる若いうちなら、行き帰り両方とも高速バスで安く抑えてもいいんだけど、

アラサーともなってくると、新幹線が楽だよなぁ・・・

でも予算は抑えたいっ!

っていう希望を詰め込んだ、

行き→高速バス、帰り→新幹線 プランw

浮いたお金で旅先で美味しいご飯を食べてもいいし、

ちょっといいホテルに泊まることもできますよね。

ちょっとしたコツをつかんでおけば高速バスも怖くない!って話でした。

是非、この秋高速バスを使ってお得に&楽しく旅行しちゃってくださーい!

高速バスを予約してみる

今日も最後までお読みいただきありがとうございました!

もちねこ(@mochitto_graphy)でした!

コメント

  1. […] […]